• HOME
  • 解説
  • 役柄・スタッフ
  • 撮影裏話
  • ロケ地の紹介

解説 - introduction -

2011年に富山県氷見市で撮影された「万年筆」に続く、地方発の新たなロードムービーの第2弾。
小さな町を舞台に、忘れられがちな市井の人々を丹念に描くことによって、現代日本のありのままを映し出し、「男と女」の形を新しい映画のシリーズとして送りだす。
今回は茨城を舞台にした作品「桜田門内の変!?」となった。

2010年秋に全国公開された『桜田門外ノ変』(監督:佐藤純彌/主演:大沢たかお)は、幕末史の大事件、井伊大老暗殺を描くに当たり、多くの茨城県民が関わって制作された。

近年、地方発の映画はたくさんあるが、この『桜田門外ノ変』の企画から製作までの過程と製作費や公開の規模は、全国の地方発映画の中でも特筆すべき内容であり、日本映画史の中で初めての試みと言っても過言ではない取り組みであった。

その『桜田門外ノ変』の制作過程をモチーフにした現代劇が「桜田門内の変!?」である。
実際に取り組んだ現実とはちょっと違ったアレンジの物語。
違和感を抱く方もいるかもしれないが、あくまで『桜田門外ノ変』の舞台を借りたフィクション、その「変!?」なところも楽しんでいただきたい。

主演は水戸出身の渡辺 裕之。この作品では初めてメガホンを取った。
自身の出身地で物語の舞台でもある「茨城」の魅力を最大限に引き出すため、ロケ地や方言指導など細部にまでこだわって演出。

もともとジャズバンドやさまざまなスポーツなど各方面で活躍する俳優だが、今作で「監督」の肩書きが増えたことで、その才能のさらなるパワーアップが期待される。

係長に扮するのは数々の舞台、CM、TV、映画に出演、時には演技トレーナーとしても活躍する竹内 晶子。
また、日立市出身のアーティストKATSUMIが、日立市役所職員として出演し茨城を応援してくれている。

主題歌は白井 貴子、音楽は本田清巳が「万年筆」に引き続きそれぞれ担当。総合プロデューサーとしてとして市川 徹。
今回は監督ではなく、客観的な視点で映画製作の過程を描いた映画を監修している。

幕末の桜田門外を再現したオープンロケセットを見事に作り上げ、大ヒット作を制作し、茨城県の目玉ともなった
『桜田門外ノ変』をモチーフにした映画「桜田門内の変!?」は『桜田門外ノ変』の映画とその功績を後世に語り継ぐ、新しい形のスピンオフ映画となっている。