• HOME
  • 解説
  • 役柄・スタッフ
  • 撮影裏話
  • ロケ地の紹介

映画『桜田門外ノ変』&『桜田門内の変!?』2本立て茨城県内で上映決定

映画『桜田門外ノ変』『桜田門内の変!?』2本立て茨城県内で上映決定
映画『桜田門外ノ変』 オープンロケセット閉館記念として、映画2本立て上映会を開催いたします。

●上映会場
5月18日(土)小美玉市 四季文化館みの~れ
5月19日(日)日立市 多賀市民会館
5月25日(土)常陸大宮市 ロゼホール(小)
6月1日(土)城里町 コミュニティセンター
6月7日(金)水戸市 茨城県民文化センター(小)
6月9日(日)高萩市 総合福祉センター

●上映時間(各会場とも共通)
①12:30~13:55 『桜田門内の変!?』
②14:00~16:20 『桜田門外ノ変』

●料金
各会場共通前売券 ¥1,000 (当日券¥1,300)

●前売券取扱場所等の各種お問い合わせ先
プロジェクト茨城 TEL:0296-71-7566
茨城映画センター TEL:029-226-3156

●主催
『桜田門外ノ変』オープンロケセット閉館記念上映実行委員会

映画『桜田門内の変!?』

【映画 桜田門内の変!? 予告編】

物語 - story -

「『桜田門外ノ変』の映画を市民で作りませんか?」茨城県庁に突如として現れた、映画プロデューサーを名乗る男。
半信半疑で話を聞く、観光物産課の女性係長。
彼女は次第にプロデューサーの熱意に触発され、映画制作に向けて邁進していく。
しかし、男はある思いを胸に秘めていた…


水戸の駅に降り立った1人の男。その男は県庁に行き"映画プロデューサー"を名乗りこう語った。
「水戸藩開藩四百年の記念映画です。茨城県民が一体になって映画『桜田門外ノ変』を作るんです!まず目玉として、桜田門のオープンセットを組みます。
映画の撮影が終わっても、観光名所のひとつになりますよ!」
突然の申し出に戸惑う職員たち。
その後もその男・黒澤は毎日県庁を訪れ、職員を説得。

その話に屈したのが、桜田門外の変で井伊大老襲撃に参加した鯉渕要人の子孫の観光係長・鯉渕薫。
県民が支援する映画ということで上司の了解を取りつけ、セットの建築場所を見つけるために茨城県内を探し歩き、最終的に水戸市の千波湖畔に建設することになった。
制作費も順調に集まり、セットも完成し、いよいよ撮影!という時、黒澤が行方不明になる…
果たして、映画は無事にできるのか…!?
渡辺 裕之 第一回監督作品「桜田門内の変!?」

渡辺 裕之 第一回監督作品「桜田門内の変!?」

渡辺 裕之 竹内 晶子

KATSUMI 朝倉パンチョ久 KOTA /藤間信乃輔
綿引 瑚恋 水柿 修一 寺門 裕樹 宇留野 仁一 塙 雅文 谷口 昭仁 堀田 泰代
企画・原案・製作・プロデューサー/市川 徹・橘川 栄作 コ・プロデューサー/浦上 嘉久
監督/渡辺 裕之 主題歌/「蒼い影」 歌詞・作曲・唄/白井 貴子
製作/プロジェクト茨城・Rei23 脚本/気仙沼 悠希 音楽/本田 清巳 助監督/佐藤朋 有子